KoniSanのBlog

自分の趣味を発信していきます。

ElectronでWindowsランチャーソフト(WLauncher)を作ってみた

ElectronでWindowsのランチャーソフト(WLauncher)を作ってみたので紹介します。

f:id:myprogramming:20171220213037p:plain

Electronとは

この記事を見ている人は知っていると思うんですが、一応説明しときます。

Electronは、GitHubが開発したオープンソースのソフトウェアフレームワークである。

ChromiumとNode.jsを使っており、HTML、CSSJavaScriptのようなWeb技術で、macOSWindowsLinuxに対応したデスクトップアプリケーションをつくることができる。

Atom、Slack、Visual Studio Codeなどで使用されている。

Electron (ソフトウェア) - Wikipedia

めんどくさくなったのでWikipediaから引用させてもらいました。
要はWEBページ作るみたいな感じでデスクトップアプリが作れるということです。
しかも、同じソースコードクロスプラットフォーム対応できて、Electron独自のAPIやNode.jsも使用できるので、かなり簡単に本格的なソフトを作ることができます。
これから、ぼちぼちElectronについて解説していけたらと思っています(すでに情報が多いので主に僕がハマったところを)。

WLauncherとは

WLauncherとは、今回、僕がElectronで開発したWindows用のランチャーソフトです。
ElectronはクロスプラットフォームなのになんでWindowsだけなのか、というと単純にMacを持ってなく、動作確認ができないからです。
Macユーザーのみなさんはごめんなさい。
今度、Mac持ってる友だちに借りれたら、Mac用も紹介しようと思います(そしたらWLauncherって名前はまずいか・・・まあ、いいや)。

Windowsインストーラーについて

今回は暇だったので生意気にもインストーラーを作らせていただきました。
使ったのはinno setupというWindowsインストーラー作成ツールです。
初めて使ったのですが、特にハマったところもなく簡単に作ることができました。
こちらは解説しないので気になったらググってください(めんどいので解説しているページのリンクも貼りません。ゴメンナサイ)。

リリース(ダウンロード)

Version 1.0.1
  • ダウンロード
  • リリースノート
    • アプリからショートカットに名前を変更しました。
    • ショートカットのパスの入力欄が空になったときに入力を促す文を表示させるようにしました。
    • ショートカットの入れ替え時に起こるバグを修正しました。
Version 1.0.0

まとめ

本当は使い方も詳しく説明したいのですが、それをやっていると、とても長くなってしまう気がしたので、使い方は次回にさせてもらいます。
おそらく使い方は説明しなくても勘でわかると思うのですが(というかそれを目指してできるだけシンプルな作りにしたのですが)一応、使い方は説明します。
念入りにデバッグしたのですが、もしバグが起きたらコメントで教えてくれるとありがたいです(要望などもコメントでお願いします)。
バグや要望があったら更新していく予定です。
ちなみに、Electronの解説はしていく予定ですが、WLauncherの解説はほぼ100%の確率で解説しないと思います。
コメント(プログラムの)を全く書いていないのと、ごちゃごちゃしすぎてとても読みにくいためです。本当にゴメンナサイ。
では今回はこれで。
ありがとうございましたm(_ _)m